JAZZ ain`t Jazz

【ラジオレポート!】InterFM897/JAZZ ain`t Jazz(2019年12月22日) DJ:沖野修也

ども! カルスポ食堂・店長(@cul_spo)です!

今日はInterFMのレギュラー番組「JAZZ ain`t Jazz」、2019年12月22日の放送をレポート!

番組パーソナリティ&DJの沖野修也さん、「12月22日は冬至ですね」とトークを開始。冬至といえば一年でもっとも日照時間が短く、冬本番を感じさせる一日。日本にはかぼちゃを食べるとか、ゆず湯に入るなどの風習がありますが、沖野さんは毎年「ゆず湯に入らざるを得ない」そうです。

 

入らざるをえないとは……

これいかに??

 

ほかにもこんな聴き所が!

下半期に新作を発表したSoil &”Pimp” Sessions、The New Mastersounds、来日時のプレイでも盛り上がったLoiue Vegaの最新作、Matthew Halsalの再発等を取り上げようかなと。今年も粋なヒットを飛ばしてくれた今月のArtist Of The Month、DJ Konの最終回でもあります。
引用:https://www.interfm.co.jp/news/single/jaj12222019

「JAZZ ain`t Jazz」、始まります!

 

【ラジオレポート!】InterFM/TOKYO MOON(11月24日) DJ:松浦俊夫 (U.F.O.)ども! カルスポ食堂・店長(@cul_spo)です! 今日はInterFMのレギュラー番組『TOKYO MOON』、11月24日の...
【FM yokohama/MC:松重豊】深夜の音楽食堂 【第168回】松重豊×ペトロールズ 長岡亮介(浮雲)(01)ども! カルスポ食堂・店長(@cul_spo)です! 今日は2019年12月18日に放送された「音楽食堂」のレポートをお届けします...
【FM yokohama/MC:松重豊】深夜の音楽食堂 【第168回】松重豊×ペトロールズ 長岡亮介(浮雲)(02)ども! カルスポ食堂・店長(@cul_spo)です! 2019年12月18日に放送された「音楽食堂」のレポート、番組後半編をお届け...

 

沖野修也さんのプロフィール!

沖野修也 (KYOTO JAZZ MASSIVE)

DJ/作曲家/執筆家/世界唯一の選曲評論家/The Roomプロデューサー/Tokyo Crossover-Jazz Festival発起人/サウンド・ブランディングの第一人者。
(引用:http://t-matsuura.blog.openers.jp/

 

オープニングトーク「今日は何の日?

 

沖野さん
沖野さん
こんにちは。「KYOTO JAZZ MASSIVE」の沖野修也です。

InterFM897「JAZZ ain`t Jazz」、この番組はジャズというものに対して、みなさんの考え方や聴き方にちょっと新しい何かを投げかけようと、ぼく、沖野修也が考える現代のCrossOverJAZZというコンセプトでオーソドックスなものから、JAZZに影響を受けたダンスミュージックを中心に、紹介しています。

 

沖野さん、さっそくゆず湯の秘密に言及……

 

沖野さん
沖野さん
この時期、母が大量にゆずを送ってくるんですね~。庭になってるわけじゃなくて、買って送ってくれてると思うんですけど……棄てるわけにもいかないんで(笑)

 

マル子
マル子
苦笑い? 照れ笑い?

 

沖野さん
沖野さん
昔の人の知恵って科学的な根拠があったりするんですよね。ぼくもゆず湯に入ると、体がポカポカしてくるんで、『また送ってきたのか……』と言いつつ、ちゃんと入ってるんです。

 

マル子
マル子
フレッシュな香りのする始まりだニャ~どんな曲がかかるのか楽しみ~

 

オープニング! 

 

THE NEW MASTERSOUNDS/SHAKE IT

 

マル子
マル子
ぶかぶかイッテテかっちょいい~
店長
店長
サウンドは最高にファンキーなのに、Lamar Williams Jrのボーカルは張らないところも渋いな
マル子
マル子
後藤さんのツッコミみたいだニャ
店長
店長
後藤さん?
マル子
マル子
フットボールアワーの後藤さん
店長
店長
どういう連想だよ(笑)
マル子
マル子
声張ってるようで、実は張ってないのに、あんなに通るツッコミの人はいないニャ!
店長
店長
わかったわかった!
マル子
マル子
ぶにゅーーー

 

沖野さん
沖野さん
ニューアルバム「SHAKE IT」のリリースに伴ってですね、THE NEW MASTERSOUNDS(ザ・ニューマスターサウンズ)の来日公演が決定しています。

 

 

 

公演情報

THE NEW MASTERSOUNDS Featuring Lamar Williams Jr.

【東京】
2020年1月30日(木)@ 渋谷CLUB QUATTRO
開場19:00 開演20:00
チケット:前売¥6,800 (入場整理番号付、1ドリンク別)
問:03-3444-6751(SMASH)

【大阪】
2020年1月31日(金)@ 梅田 Shangri-La
開場19:00 開演20:00
チケット:前売¥6,800 (入場整理番号付、1ドリンク別)
問:06-6535-5569 (SMASH WEST)

協力:P-VINE RECORDS
総合問合せ:SMASH 03-3444-6751

さらなる詳細はSMASHの公式サイトをご確認ください。

 

沖野さんをして「現行のファンク、最高峰」と言わしめるTHE NEW MASTERSOUNDS 。ボーカルにLamar Williams Jrを迎え、1月の日本列島を沸騰させるんでしょうね!

 

沖野さん
沖野さん
2019年のレギュラーフォーマット、最終回なんです。来週は恒例の……あの企画ありますので。というわけで、アゲアゲでいこうかな?と。

ジャジーな歌物ハウス、3連発。一曲目はこの人。今月のアーティスト・オブ・ザ・マンスだったKONのリミックスから。

 

【ノンストップ・ゾーン】歌物ハウス3連発! 

 

QWESTLIFE FEA. SUGARHILL GANG SIEDAH GARRETT GRANDMASTER MELLE MEL & SCORPIO/FEVER(KON REMIX)

 

DOUG WILLIS/DANCIN’ 2020(JOEY NEGRO EXTENDED REBUILD)

 

沖野さん
沖野さん
年末といえばジョイ・ネグロ。リミックスアルバムが出たとか? 出ないとか? 噂が入ってきています……
マル子
マル子
ニャにっ?! 聞き捨てならないニャっ
沖野さん
沖野さん
またね、名曲のかずかずを面白いサブタイトルと共に仕上げてるんだと思いますが(笑)
店長
店長
面白いサブタイトル……(笑)
沖野さん
沖野さん
2019年の放送には間に合わなかったんですが、来年また紹介したいと思います。

さて次は、先日ageHaに来日しまして、この曲流れて盛り上がってましたね~

 

LOUIE VEGA/COSMIC WITCH(MAIN MIX)

 

マル子
マル子
KONのミックスからジョイ・ネグロ、ルイ・ベガとか、ひとあし早い紅白歌合戦みたいニャもんだ~
店長
店長
ageHa、ぶっ壊れなかったかな。盛り上がりすぎて。
マル子
マル子
てんちょ~の頭のニャかよりは、マシだったんじゃなくって??
店長
店長
むうっ!!!

 

 

【Massive Eye】MATTHEW HALSAL/I’VE FOUND JOY

 

沖野さん
沖野さん
この時間は「Massive Eye」。毎週おすすめのアルバムを一枚ピックアップして、その魅力を掘り下げてみようというコーナーです。今日、ピックアップするのは、再発されたMATTHEW HALSAL(マシュー・ハルソール)のアルバム「Colour Yes」(カラー・イエス)です。

 

 

 

沖野さん
沖野さん
ジャイルス・ピーターソンも絶賛するトランペッター・マシュー・ハルソールが新世代UKジャズの総本山とまで言われるようになったGONDWANA RECORDS(ゴンドワナ・レコーズ)から2009年にリリースした2枚目の作品。今回、アニバーサリーエディションとして再発されました。

 

マシュー・ハルソールって?

さて、Matthew Halsallとは誰か。片仮名表記にすると「マシュー・ハルソール」となるらしい。英国マンチェスター出身の若きジャズ・トランペッター。1983年9月生まれということなので、今年で33歳(※2019年で36歳)になる。ジャズの世界でいくと、まだまだ若手。ゆったりと印象的でモーダルなフレーズを吹き進めるところが「個性」。

ハイレベルでスピリチュアルなジャズ。それもテクニカルで感情に直接訴えかける様な音ではなくて、朗々とゆったりと印象的なフレーズで心の吟線に触れるような、郷愁を誘うような、リリカルなスピリチュアル・ジャズ。思わず「へ〜ッ」と心から感心してしまう。そして、また聴き返してしまうのだ。不思議な「ヘビー・ローテーション」。
引用:http://v-matsuwa.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/post-3c6b.html

 

個人的に今もっともライブを観たいアーティストの一人。

マシュー・ハルソールは、マンチェスターのジャズ・レーベルGondwanaの初期メンバーであり、UKジャズを代表するトランペット奏者です。

しかし、Gondwanaは本当に素晴らしいアーティストばかりだよな、、すごいの一言。

今までに当サイトでも紹介してきた、ゴー・ゴー・ペンギンや、ママル・ハンズ も所属しているレーベル。

マシュー・ハルソールの音楽は、哀愁が漂う色気のある大人の男って感じです。ハルソールのバンドには欠かせない女性ハープ奏者のレイチェル・グラッドウィンの存在が、彼の音楽に浮遊感を与えている。

曲によっては、日本や中国を意識したようなオリエンタルなエッセンスを織り交ぜた曲も多くあり、レイチェル・グラッドウィンとの相性の良さが伺える。

英国の曇り空のようにダークな雰囲気だけど、ただ暗いだけではなく、品のある上質な英国ジャズの側面も伺える、非常に聴きごたえのあるアーティストだと思います。

引用:http://yamaguchitatsuya.com/music/jazz/matthewhalsall/

 

マル子
マル子
沖野さんは「感情に直接訴えかける音ではなく、一音一音、ていねいにゆったりモーダルなフレーズを吹くところが個性」って言ってたニャ~
沖野さん
沖野さん
体調不良で吹けなくなったという噂もあったんですが、先日、ロンドンで観てきました。素晴らしいコンサートでした! それでは、アルバムからまず2曲、お送りします。

 

MATTHEW HALSAL/I’VE FOUND JOY

 

MATTHEW HALSAL/MUDITA

マル子
マル子
音の質やスタイルは、ゲッツっぽいのかニャぁ
店長
店長
ゆったりした吹き口だから、そう聴こえるのかもね。MUDITAはアーバンな雰囲気があるし

 

スポンサーリンク

沖野さん
沖野さん
I’VE FOUND JOYのほうは、なんともいえないカラフルで、多幸感あふれるジャズ・ワルツでしたね。続いてのMUDITAは、和にもつうじる要素もあるような……ないような……粋なフォー・ビートでした。
店長
店長
和のフォー・ビート! なるほど~
沖野さん
沖野さん
10年前に出た作品なんですが、まったく古さを感じないですねー。LIVEの評価も非常に高くって……超満員で、最後総立ち。スタンディングオベーション、鳴りやまず。ここへ来て……マシュー・ハルサルのロンドンでの人気っていうのが熱くってですね、LIVEの評価と再発はリンクしてるんじゃないでしょうか。
マル子
マル子
はぅぅぅ……聴いてみたいニャおう
沖野さん
沖野さん
ゴンドラ・レコーズはゴーゴー・ペンギンがサクセスして、そのレーベルオーナーがマシュー・ハルサールと思われてたかもしれないですが、「実は10年前からマシュー・ハルサール、すごかったんじゃないの?」みたいな。彼の魅力に今気づいたという側面も、なきにしもあらずだと思うんですよ。

なので、(再発された「Colour Yes」は)ジャケットも変えて、ボーナストラック入れて、ほんとにですね、新しい作品として現行のジャズと遜色ない感じなので、その辺のこともね、視野に入れたリリースなんじゃないかなとぼくは思っています。

マル子
マル子
ふ、ふ、布石……? すてき!!!
沖野さん
沖野さん
それではもう一曲、お送りします。オーソドックスなアレンジながらも、スピリチュアルな風合いが楽しめる楽曲です。

 

MATTHEW HALSAL/IT’S WHAT WE DO

 

 

【送料無料】 Matthew Halsall / Colour Yes (Special Edition) 輸入盤 【CD】

ジャイルス・ピーターソンも絶賛するトランぺッター、マシュー・ハルソールが新世代UKジャズの総本山Gondwana Recordsから2009年にリリースした2枚目の作品がジャケットも新たにアニバーサリーエディションとして再発売。

再発に伴い2曲の未発表トラックをボーナスとして追加したファンは見逃せないリリース。現代英国ジャズ・シーンを代表するサックス奏者ナット・バーチャルも参加しモーダルで心地よい演奏を披露した名作。
引用:https://www.newtone-records.com/item/n_t0092228.html

 

スポンサーリンク

沖野さん
沖野さん
いかがでしたでしょうか? 言われなかったら、10年前のアルバムだと気づかないと思うんです。実は、「Sending My Love」というアルバムも再発されています。

Sending My Love」も非常に完成度の高い作品で、「カラー・イエス」を気に入った方は、「Sending My Love」もチェックしてください。この2枚のアルバム聴かされた日には、ニューアルバムへの期待が高まるばかりです。

 

MATTHEW HALSALL Sending My Love (Special Edition)

アリス・コルトレーン、ファラオ・サンダースからの影響を強く感じさせてくれるスピリチュアルジャズの後継者であり、東洋思想、コンテンポラリー・エレクトロニカとダンスミュージックを経たUKモダンジャズ界の第一人者であり重要人物MATTHEW HALSALLの最初期の録音、2009年セカンドアルバム「Sending My Love 」がボーナストラックを追加しリマスタリング!初ヴァイナル化!!!ニューアートワーク・デラックス2LPエディション。

Matthew Halsallの音楽の旅の出発点。たゆたう悠久の調べ。桃源郷へ誘われる。全6曲。今作もメディテーショナルなモダン・スピリチュアルジャズ推薦盤。 (コンピューマ)

引用:https://www.newtone-records.com/item/n_t0092228.html

 

 

終盤の2曲! 

 

SOIL & “PIMP” SESSIONS/SPACE DRIFTER

 

ALICIAMAYERS/I WANT TO THANK YOU(KON EDIT)

 

マル子
マル子
踊りたくなルルル~!
沖野さん
沖野さん
お送りした2曲は、SOIL & “PIMP” SESSIONSで「SPACE DRIFTER」。そしてALICIAMAYERSで「I WANT TO THANK YOU(KON EDIT)」でした。

SOIL & “PIMP” SESSIONSですが、12月4日にリリースされた「MAN STEALS THE STARS」から聴いていただきました。

 

沖野さん
沖野さん
日本のジャズもUKのJAZZに押されっぱなしではありません。かなりね、斬新なアレンジで……ちょっとこのコズミックな感覚、あたらしい感じじゃないかなとぼくは思ってるんですが、みなさんいかがだったでしょうか。

 

SOIL&“PIMP”SESSIONS アルバム「MAN STEALS THE STARS」

前作「DAPPER」以来、約1年半振りとなるニューアルバム。前作は野田洋次郎、三浦⼤知、EGO-WRAPPIN’, Awichiなど、ボーカリストやラッパーを多数フューチャーし、自身の音楽をコンテンポラリーに昇華させた作品を生み出して来たが、そこから一転、本作ではインストゥルメンタルを中心とした本来のバンドのネイキッドな姿に立ち返った、オルタナティブなジャズを展開。結成以来、“ボーダーレスで自由”な音楽表現を掲げ、様々なジャンルとの融合によってイノヴェイティブなサウンドを生み出して来たこれまでの流れを一層推し進め、新たなビートへの傾斜、一段と洗練されたエクスペリメンタルな展開や構成など、2020年代のモードを予見した作品となっている。

引用:HMV&BOOKS online

 

沖野さん
沖野さん
ALICIAMAYERSはですね、今月のアーティスト・オブ・ザ・マンス、DJ KONのリミックスを聴いていただいたんですが、ちょっと前にアナログ出てたんですが、かけ忘れていました。年の瀬も迫るこのタイミングで、どーんとお聴きいただきました。
マル子
マル子
どーんと受け止めマチタ! 低音がひびぃた~
沖野さん
沖野さん
つぎは、最後の曲です。先週、南アフリカ旅行で耳にしたTHE THREE SOUNDS(ザ・スリーサウンズ)の「OUT OF THIS WORLD」を、お土産みたいな感じで聴いてもらったのですが ――

 

【ラジオレポート!】InterFM897/JAZZ ain`t Jazz(2019年12月15日) DJ:沖野修也ども! カルスポ食堂・店長(@cul_spo)です! 今日はInterFMのレギュラー番組「JAZZ ain`t Jazz」、12...

 

沖野さん
沖野さん
そのTHE THREE SOUNDSのメンバーで、のちにソロ活動に転じたGENE HARRISの曲でお別れしたいと思います。
マル子
マル子
ジーン・ハリスって、スリー・サウンズのメンバーだったニョ!
沖野さん
沖野さん
GENE HARRISの曲はあまりかけてないんですが、非常にいい曲があるので、ご紹介できる機会がまたあるといいなと思っています

 

GENE HARRIS/THEME FOR RELANA

 

 

エンディング

 

沖野さん
沖野さん
今週の「JAZZ ain`t Jazz」、いかがだったでしょうか。ジャズに対してのみなさんの考え方や聴き方、今日ちょっとでも新しい発見はあったでしょうか。

「マッシブ・アイ」で取り上げたマシュー・ハルサルですが、DJで来日したことはあるんですが、LIVEではまだ来てないので、ぜひ新しいアルバムを引っさげて、来日してほしいですね~

マル子
マル子
ちゃんちぇーです!
店長
店長
おれも賛成~
沖野さん
沖野さん
ロンドンで聴いた演奏はもちろん素晴らしかったんですけども、ライティングが非常に凝ってまして、なんかね……ジャズのLIVEでは見たことがない照明でした。ステージ上に赤い蛍光灯が何本も立ってまして……それが演奏にあわせて光ったり消えたり……
マル子
マル子
赤い蛍光灯……はわぁぁぁんなキブンになッチャいそ……
沖野さん
沖野さん
プラス、会場内から降り下りる別のライティング。マシュー・ハルサールは自分のトランペットにエフェクターをかけまくり、ハープの女性奏者も弾きまくるんです。ちょっと見たことのないLIVEだったので……本当に来日、期待しています。

さて。来週の「JAZZ ain`t Jazz」。2019年最後のオンエアーということで、年末恒例のあの企画、JAJ紅白歌合戦。もちろん、今年もやりますよー

 

年末恒例特別企画、JaJ紅白歌合戦!

さぁ、いよいよこの季節がやって参りました。

12月29日のオン・エアは、今年活躍、そして番組でプッシュして来たアーティスト、更にはレジェンドをお迎え?し、男女5組づつをそれぞれ白組と紅組に分けて交互に曲をお送りします!!

リアル・タイムで出演者の写真もハッシュタグ、を付けてtwitterにアップしようかなと衣装も楽しめます。

今年も豪華メンバーで、これ世界中継されたら結構視聴率獲れると思いますよ〜。

引用:https://www.interfm.co.jp/news/single/jaj12292019

 

沖野さん
沖野さん
まだね、クレーム入ってきてないんで(笑)2019年に活躍、そして番組でもプッシュしてきたアーティストを男女、5組づつ赤組と白組にわけて、彼らの功績・今年の音の傾向なんかも振りかえってみます。

ラジオなんで、見えませんよね?

ただ、ぼくはツイッターにアーシャをアップしていきますので、彼らの衣装にも注目です!

毎年言ってますけど、世界公開にしたら視聴率取れますって! 地上波とはいいません。衛星放送とかでもいいんで、はやくオファーしてください。それくらい自信がある企画なので、みなさん、楽しみにしていてください。

それでは、また来週お会いしましょう。お相手は、KYOTO JAZZ MASSIVEの沖野修也でした。

 

マル子
マル子
沖野さん、番組終わったらゆず湯に入るって言ってたけど、あったまったのかニャ~
店長
店長
ラジオ聴いてたこっちはアツアツですけどね!
マル子
マル子
ピッチャーだったら?
店長
店長
いつでもバッターに投げられるくらい、肩が仕上がってる!
マル子
マル子
てんちょ~の顔、湯剥きしたトマトみたい! 永い夜になりそうだニャ~

 

(おわり)

 

番組情報「JAZZ ain`t Jazz」(ジャズ・エイント・ジャズ)

沖野修也の考える現代のCrossoverJazz(クロスオーヴァー・ジャズ)
『JAZZ ain`t Jazz』
MC&DJ:沖野修也 (KYOTO JAZZ MASSIVE)

DJ、プロデューサー、さらに「KYOTO JAZZ MASSIVE」としてのアーティスト活動も行う“クラブ・ジャズ・シーン”中心的存在の沖野修也が、番組が考える「現代のジャズ」の魅力を様々な角度から紹介。何となくジャズが好きな人、また「ジャズって何?」という 全くの初心者リスナーにも、それぞれに新たな発見が必ずある1時間。

 

2019年12月22日のセットリスト

【オープニング】
THE NEW MASTERSOUNDS/SHAKE IT

【ノンストップ・ミックス/歌物ハウス3連発】

QWESTLIFE FEA. SUGARHILL GANG SIEDAH GARRETT GRANDMASTER MELLE MEL & SCORPIO/FEVER(KON REMIX)
DOUG WILLIS/DANCIN’ 2020(JOEY NEGRO EXTENDED REBUILD)
LOUIE VEGA/COSMIC WITCH(MAIN MIX)

【Massive Eye/MATTHEW HALSAL「カラー・イエス」】
MATTHEW HALSAL/I’VE FOUND JOY
MATTHEW HALSAL/MUDITA
MATTHEW HALSAL/IT’S WHAT WE DO

【終盤の2曲】
SOIL & “PIMP” SESSIONS/SPACE DRIFTER
ALICIAMAYERS/I WANT TO THANK YOU(KON EDIT)

【エンディング】
GENE HARRIS/THEME FOR RELANA

【ラジオレポート!】InterFM/TOKYO MOON(11月24日) DJ:松浦俊夫 (U.F.O.)ども! カルスポ食堂・店長(@cul_spo)です! 今日はInterFMのレギュラー番組『TOKYO MOON』、11月24日の...
【FM yokohama/MC:松重豊】深夜の音楽食堂 【第168回】松重豊×ペトロールズ 長岡亮介(浮雲)(01)ども! カルスポ食堂・店長(@cul_spo)です! 今日は2019年12月18日に放送された「音楽食堂」のレポートをお届けします...
【FM yokohama/MC:松重豊】深夜の音楽食堂 【第168回】松重豊×ペトロールズ 長岡亮介(浮雲)(02)ども! カルスポ食堂・店長(@cul_spo)です! 2019年12月18日に放送された「音楽食堂」のレポート、番組後半編をお届け...