深夜の音楽食堂

【FM yokohama/MC:松重豊】深夜の音楽食堂 【第172回】松重豊×Ovall(2020年1月15日)

 

ども! カルスポ食堂・店長(@cul_spo)です!

にFMyokohamaで放送された「音楽食堂」のレポートをお届けします~

孤独のグルメ」の主演で知られる俳優・松重豊がOvallのShingo Suzuki、関口シンゴ、mabanuaを迎え、

 

Ovall、音作りの新境地?

台湾の音楽シーン

音楽への率直な観想などなど!

 

ジャンルを超えた影響力があるOvall&松重マスターの気心しれた脱力トークが始まります~

 

【FM yokohama/MC:松重豊】深夜の音楽食堂 【第171回】松重豊×Lainy J Groove(2020年1月8日) ども! カルスポ食堂・店長(@cul_spo)です! 2020年1月8日にFMyokohamaで放送された「音楽食堂」のレ...
【ラジオレポート!】InterFM897/JAZZ ain`t Jazz(2020年1月5日) DJ:沖野修也 ども! 鼻水がツララになりそうなカルスポ食堂・店長(@cul_spo)です! 今日は2020年1月5日に放送されたラジオ番...
【ラジオレポート!】InterFM/TOKYO MOON(11月24日) DJ:松浦俊夫 (U.F.O.)ども! カルスポ食堂・店長(@cul_spo)です! 今日はInterFMのレギュラー番組『TOKYO MOON』、11月24日の...
DESING TALKS PLUS/デザイン トークス+(プラス) 『雨』 01 【Eテレ】デザイン トークス+(プラス) テーマ『雨』 ゲスト/保坂猛 どうも! 店長(@cul_spo)です...

 

Ovallのプロフィール

Ovall(オーバル)

スピリチュアル・ジャズ・ヒップホップ・バンドOvall(オーバル)。 トラックメーカーとしてのアルバムが世界中でヒットし話題のShingo Suzuki (B/Key)と mabanua (Dr)、そしてジャズギタリストとしてアルバムもリリースしている関口慎悟によるスピリチュアル・ジャズ・ヒップホップバンド。それぞれのソロアルバムではホーカス・ポーカス、ジュラシック5(AKIL THE MC)、アレステッド・デヴェロップメント(Eshe)、モカ・オンリー、Bluなどと共演。サンプリングと生演奏のシームレスな融合で織り成すアーシーで野太いグルーヴ、カラフルなサウンドスパイスがブレンドされ浮かび上がるユニークな音像で聴く者を別次元へと誘う “進化するアブソリュート・ミクスチャーミュージック”。

Shingo Suzuki:ベーシスト、キーボーディスト、トラックメーカー。Moka Only, Blu,Hocus Pocus(20sy and DJ GREEM)などが共鳴し参加した1stアルバム「The ABSTRACT TRUTH」は日本、フランス、ポルトガルなどでTOP10入りし世界中で大ヒット。Yahoo!やMyspaceでも“2008年最も驚きの新人アーティスト”として取り上げられる。Keyco、Hanahなどへのガkky工提供、プロデューサー、リミキサーとしても活躍。

mabanua:ドラマー、ビートメーカー、シンガーという他に類を見ないスタイルが話題の日本人クリエイター。全ての楽器を自ら演奏しドラマーならではのセンスでサンプリングする音創りが英NME誌のWebでピックアップされるなど世界中から絶賛される。ジュラシック5のAKIL THE MC、アレステッド・デベロップメントのEshe、Kev Brown らとコラボした1st アルバムはヨーロッパ全域のiTunes HipHopトップページでPICK UP、フランス、アメリカでのCD発売など各国で話題に。

関口慎悟:14歳でギターを弾き始め、20歳から作曲をするようになる。2006年より風景・映像の浮かぶ音楽をコンセプトにシネマティックジャズプロジェクト”vusik”(ヴュージック)を始める。2008年4月『vusik』を自己レーベルbright-musicよりリリース。2009年6月『Cinematic Scenery is Here』をTOY’S FACTORY MUSIC おもちゃ工房よりリリース。

引用:https://www.hmv.co.jp/news/article/1001270029

 

番組MC・松重豊さんのオープニングトーク!

 

オープニングトークはマスター・松重豊が出演した映画「サヨナラまでの30分」について。役どころは音楽プロデューサー。モデルになった人物が長野県松本市に実際するとか?

その名は古川陽介さん。「りんご音楽祭」のオーガナイザーを勤め、なんと深夜の音楽食堂のリスナーでもあるとか!

縁があるんですね~

スポンサーリンク



Ovall登場! 

 

Ovallの「深夜の音楽食堂」出演は2018年以来、2度目。

前回は ――

・関口シンゴさん(Gt)は就職率の良いゼミに入っていた
・Shingo Suzuki(Bass)さんはフランスで酸素窒素の発売会社に務めていた
・そして30歳の直前で脱サラした
・Ovallは池袋系
・池袋で途方に暮れていたおじさんだった
・周りにシンゴが多い

https://www.fmyokohama.jp/yashoku/2018/02/71ovall-7030.html

こんな話題で盛り上がったとか。

今日はまず、松重マスターが「みんな忙しいでしょうに、よく新作アルバムを作ってくれましたね」と発言。メンバーが「前回、ラジオに出させてもらったとき『アルバム作ります』って言ったのに、いままで伸ばしてきたなって思いがつよくて……」と苦笑いしました。

 

マル子
マル子
2年でアルバム1枚って!
店長
店長
早いほう、だよな? たぶん。ぜんぜん遅くない。

 

新作の『Ovall』。どうやら、あらかじめOvallで作る意図はなく、複数曲が出来上がってから、「これはOvall名義の作品だな」とメンバー内で共通理解に至ったそうです。

曲ごとにメンバーの誰かがイニシアチブを取り、ある程度を完成させてから、残りのメンバーと一緒に仕上げる仕組みで製作された全9曲。

 

マル子
マル子
バンド的な一発撮りとか、ジャムセッション→録音的な製作ヂャなかったんだニャ~
店長
店長
スタジオにこもらなくても、3人のイメージにずれがなくなって、上のような製作でもギャップがほとんど起きなくなったらしい
マル子
マル子
それって……すごくニャい?
店長
店長
どういう仲のよさっていうか、シンパシーえぐすぎるよな
マル子
マル子
ふだんの活動のたまものだニャあ

 

バンド活動やLIVE、30組を超えるアーティストのプロデュース業などで、さまざまな楽曲を作ってきたOvallの面々が、「原点回帰」したと話す新作『Ovall』。

 

松重さん
松重さん
聴く側としても、そういう印象はあるんです。おのおのの経験が盛り込まれてるのかと思いきや、シンプルだった。

 

Ovall、3人の思いが重なっているところ、抽出される核心のようなものがつよく感じられる、シンプルな作品だと、マスター松重さんは語りました。引き算して、大事なところを力強く打ち出そうとするのは、「Ovallとしては自然」だとメンバーも話します。

 

マル子
マル子
これって……ニャかニャかさ? できないよニェ!
店長
店長
できないよな、あれこれ表現できちゃうんだから、盛りたくなるのが人間ってもんでしょうよ(笑)

 

そんなストイックでミニマムで、だからこそ色艶を放つ最新作からこちら ――

 

松重さん
松重さん
「Ovall」から、Stargazerです。

 

1. Stargazer /Ovall 昨年12月に出たアルバム「Ovall」収録

 

この曲はアルバムで唯一、3人が共にスタジオで製作。ここからアルバムづくりが始まったとか。これまで、Ovallはだいたいコードを決めてから曲づくりを始めたそうですが、この曲は出だしのメロディから作り始め、「いままでOvallになかった」とメンバーも回顧します。

 

店長
店長
メロディが浮んだんだろうな。
マル子
マル子
初っ端からのズン、ちゃ、ずちゃ、ずんチャずンちゃ!のリフがカッチョいい~チュターゲイジャ~

 

トークの話題は海外シーンに及び、とくに台湾は日本のスーパーカーに影響を受けたバンドが活動していたり、Ovallが青葉市子さんと作った曲をカバーするバンドもいたり、「日本を意識していて、東アジアでも独特な雰囲気がある」そうです。

 

スポンサーリンク

 

2. Cooks / Still Woozy 関口シンゴ’s リクエスト

 

 

スポンサーリンク

 

エンディングトーク!

Ovall/Ovall
————————-

発売日: 2019年12月04日
アーティスト: Ovall
発売元: origami PRODUCTIONS
販売元: (株)ウルトラ・ヴァイヴ
ディスク枚数: 1枚(CD1枚)
総曲数: 9(アルバム)
収録時間: 36分56秒
メーカー品番: OPCA-1042
JANコード: 4580246160929

—————————

Ovallが4年間の活動休止を挟んで、ひさしぶりのオリジナル・アルバム『Ovall』を発表する。セルフ・タイトル作ということで、どこか決意や覚悟を感じさせるが、実はここにはよりリラックスした姿勢が表れている ――

Suzuki「これまで鍵盤楽器はローズ(・ピアノ)がメインだったんですけど、3人のなかでは〈シンセもいいんじゃないか〉っていう空気があったんです。“Stargazer”のシンセはヤマハDX7を再現したArturiaのプラグインで、プリセットの音がいいのでそれを元に作っています。アップデートされたヴィンテージ・シンセ、みたいな印象の音で、そのエッセンスは大きく関わっていますね」

mabanua「いままでのOvallにはカラフルなところが多かったんですけど、うちらも歳を重ねてきて、そんなにカラフルに、世に迎合しなくてもいい年齢になってきた。なので、シックにストイックにやろうって。アー写もそうだし、タイトルもメッセージを込めたものじゃなくて、シンプルに〈Ovall〉でいいんじゃないかなと。削ぎ落とされたソリッドさを提示したかったんです」

https://mikiki.tokyo.jp/articles/-/23454

 

松重さん
松重さん
あ2020年の抱負、なにかありますか?
より海外、行ったことのない国に呼ばれて出ていけたらと思います。
松重さん
松重さん
楽しみですね、3人の名前を連呼したいです。最後に、もう一曲聴いてお別れです。『Ovall』からTranscend feat.Armi(Up Dharma Down)/Ovall。

 

3. Transcend feat.Armi(Up Dharma Down)/Ovall

 

Ovall LIVE情報

【origami SAI 2020】
2020/4/5@味園UNIVERSE(大阪)
2020/5/31@渋谷 O-EAST(東京)

【Ovall Tour 2020】
2020/4/25@The Voodoo Lounge(福岡)
2020/4/26@CLUB UPSET(愛知)

 

 

店長
店長
なんか、飄々としてるよな。3人とも自然体で。
マル子
マル子
ほんとに才能と技術があるって感じだった!
店長
店長
HIPHOP系だけじゃなく、ジャンルオーバーして尊敬されてるグループだし、Ovallの影響を受けてるミュージシャン、サウンドクリエイターはたくさんいるんじゃないかな。
マル子
マル子
てんちょーも好きだよね!
店長
店長
それこそ、デビューの頃から聴いてるわ。むちゃくちゃ売れっ子のプロデューサーになっても、音楽性や芯がブレないところがかっこいいし。
マル子
マル子
むはっ! てんちょーはブレぶれだしニャ~
店長
店長
うっさいわ!
マル子
マル子
うは~~~~

 

(おわり)

 

スポンサーリンク

 

2020年1月15日のセットリスト!

1. Stargazer /Oval
2. Cooks / Still Woozy
3. Transcend feat.Armi(Up Dharma Down)/Ovall

 

深夜の音楽食堂 番組情報

港・ヨコハマ。海に船の明かりがまたたき、風は街に潮風のにおいを遺していく。そんな港町のかたすみに深夜にひっそりと開く“音楽食堂”。

マスターを務めるのは俳優の松重豊。マスターを慕い俳優や映画監督、ミュージシャンもちょくちょく立ち寄る…と噂の店。ある夜はやわらかなギターの音色が、またある夜は激しいビートが扉越しに聴こえてくる不思議な音楽食堂。勇気を出して扉を開ければ、きっと松重マスターの笑顔が迎えてくれます。

火曜深夜0時30分、あなたのご来店を心よりお待ちしております♪

 

 

【FM yokohama/MC:松重豊】深夜の音楽食堂 【第171回】松重豊×Lainy J Groove(2020年1月8日) ども! カルスポ食堂・店長(@cul_spo)です! 2020年1月8日にFMyokohamaで放送された「音楽食堂」のレ...
【FM yokohama/MC:松重豊】深夜の音楽食堂 【第166回】松重豊×kiki vivi lilyども! カルスポ食堂・店長(@cul_spo)です! 2019年12月4日に放送された「音楽食堂」のレポートをお届けします! ...
【FM yokohama/MC:松重豊】深夜の音楽食堂 【第168回】松重豊×ペトロールズ 長岡亮介(浮雲)(01)ども! カルスポ食堂・店長(@cul_spo)です! 今日は2019年12月18日に放送された「音楽食堂」のレポートをお届けします...
【FM yokohama/MC:松重豊】深夜の音楽食堂 【第168回】松重豊×ペトロールズ 長岡亮介(浮雲)(02)ども! カルスポ食堂・店長(@cul_spo)です! 2019年12月18日に放送された「音楽食堂」のレポート、番組後半編をお届け...

最近の記事!